17-18 Panini Status ボックス開封

With the 9th pick in the 2019 NBA draft, the Washington Wizards select Rui Hachimura from Toyama, Japan and Gonzaga University.


先日行われたNBAドラフトは、日本のスポーツ史に新たな歴史が刻まれた日となりました。NBAドラフトのトップ10で日本人が指名される日が来るなんて……。来シーズン、NBAの舞台で躍動する八村選手を見る日が待ち遠しいです。また、昨シーズンはGリーグでのプレイが中心となった渡邊選手も、来シーズンはNBAに定着してプレイタイムを得られるような活躍を期待したいですね。


さて、今回は久しぶりのボックス開封報告です。もう6月も終わろうとしていますが、ボックス開封は今年初! 昨年末の Prizm以来ですね。もっとたくさん開封したいのですが、懐事情がなかなかそれを許してくれないのが辛いところです。^^; 数が限られている分、笑い当たりの大きさでカバーしなければ。( ´_ゝ`)


さて、今回開けるのはこちらのブランドです。

 

 

f:id:akiro10:20190629001616j:plain

 

 


17-18 Panini Status。発売当初にも開封を検討したのですが、その時は別のブランドを購入したので見送り。久しぶりに見かけたら安くなっていたので、今年の初開封ボックスとしてチョイスしてみました。新作ではなく、あくまで安くなった旧作を開ける路線は堅持。(笑) いや、そりゃティムがいっぱい入ってる新作を開けられるなら開けたいですけどね。今年の Spectra とか開けたかったですよ。でも高いし。(笑)


この年の Status にはティムのオートもラインアップされており、10シリが未所有。夢は大きく、狙うは10シリ!(笑) それでは、早速行ってみましょう。^^

 

 

f:id:akiro10:20190629001608j:plain

 


ベースカード。廉価版ながらカードの質感やデザインはなかなか良い感じです。個人的には好きな部類。

 

 

f:id:akiro10:20190629001700j:plain

 

 

アデバヨのRCが出ました。^^ パックに1枚はRCが出るようですが、1ボックス10パックなので、1箱でお目当ての選手を引き当てるのはなかなかの幸運。上々の滑り出しです。 

 

 

f:id:akiro10:20190629001649j:plain f:id:akiro10:20190629001641j:plainf:id:akiro10:20190629001657j:plain f:id:akiro10:20190629001612j:plainf:id:akiro10:20190629001645j:plain

 

 

インサートカードの主だったところ。ティムジュニアのニックスが出ましたが、もう誰もニックスにはいません……。^^;

 

 

f:id:akiro10:20190629001626j:plain f:id:akiro10:20190629001637j:plainf:id:akiro10:20190629001629j:plain

 

 

ベースパラレル。Red が299シリ、Purpleが149シリ。ジョン・コリンズのRCパラレルは嬉しいところです。ホワイトサイドも出たし、さらにホリデーはよく見たらジャージナンバー! いい流れ!

 

 

f:id:akiro10:20190629001653j:plain

 


さらにもう1枚、謎のダイカットが施されたパラレルも出ました。こちらはシリアルもないのでよく出るやつかと思いきや……調べてみたらケースヒットの Pursuit というやつらしい! オッズを見てみたら、RC Pursuit はなんと 1:602! マジですか! それならこっちがコリンズがよかった!(笑)

 

 

f:id:akiro10:20190629001633j:plain

 


インサートのパラレルも1枚。またまたヒートが出ました! チームをテーマにしたインサートで贔屓のチームのものが出ると特に嬉しいですね。ここまでの流れは申し分なしです!^^

 


さてさて、残るはオートです。ここまで非常にいい展開で来ていますが、この流れは最後まで続くのか? 勝負の1枚、いざ逝かん!

 

 

 

f:id:akiro10:20190629001544j:plain

 

 

 

f:id:akiro10:20190629001547j:plain

 

 

 

LEGENDARY SIGNATURES

 

 


レジェンド枠キター!!!

 

 

 

f:id:akiro10:20190629001554j:plain

 

 

 

……N

 

 

 

ティム・ハーダウェイ(違)

 

 

 

f:id:akiro10:20190629001557j:plain

 

 

 

……ON

 

 


なんか 32 って書いてあるような……?

 

 


レジェンド枠で32番で「……ON」?

 

 


………

 

 


………

 

 


∑(゚Д゚ ;;)

 

 

 


ゴゴゴゴゴゴ……

 

 

 

f:id:akiro10:20190629001619j:plain

 

 

 

ゴゴゴゴゴゴ……

 

 

 

f:id:akiro10:20190629001622j:plain

 

 

 

キタコレ!! (゚∀゚)

 

 

 

 

f:id:akiro10:20190629001600j:plain

 

 

 

……TON

 

 


コナカッタ……  _| ̄|○

 

 


……トン。12番だったら、先日某新聞で「驚くほど(バスケが)うまいおじさん」と紹介された人物が該当するのですが。(笑)

 

 

 


もう分からないので一気に逝くで……

 

 

 


C'mon !! щ(゚Д゚щ)

 

 

 

 

 

f:id:akiro10:20190629001604j:plain

 

 

 

リチャード・ハミルトンだったかー!(笑)


価格的には安いでしょうが、これは結構嬉しい1枚です。^^ ハミルトン、実はカレッジ時代から好きな選手でした。NCAAファイナルで優勝候補大本命だったデュークを破り、コネティカットを初優勝に導いた活躍が懐かしいなぁ。1999年だからもう20年前なんですねぇ。


ちなみに、ハミルトンは私と同年生まれ。同じく同年生まれのダーク・ノビツキーが引退したことで、ついにNBAに同年生まれの現役選手はいなくなってしまいました。若い頃は、自分より年下の選手がNBA入りしたことに驚いたものですが……歳とったなぁ……。(遠い目) なお、現役最年長のヴィンス・カーターは1年上。カーターも来シーズンがラストシーズンになりそうですが、おっさんの星として頑張ってほしいです。(笑)


以上、今年初のボックス開封報告でした。ビッグヒットはありませんでしたが、個人的に嬉しいカードが何枚か出たのでまずまずの結果だったかなと思います。^^ ブランドの印象としては、デザインはなかなか良いと思いますし、パックを開けるのも楽しめるので、廉価版としては悪くない出来かなと思いました。惜しい点を挙げるとすれば、パラレルのデザインにもう一ひねり欲しかったというところでしょうか。

 

特に、ケースヒットのパラレルを作るのであれば、謎のダイカットパラレルに留まらないデザインを期待したいところです。……が、調べてみたら18-19シーズンのものも相変わらず謎のダイカット(しかもダイカット面積がちょっと増えてる)だったので、このまま謎ダイカット路線を突っ走るつもりなのでしょうか。(笑) 19-20シーズンも Status がリリースされるのであれば、ダイカットの具合がどうなっているのかにも注目してみようと思います。(笑)

トレード会 & わけわけ会(18-19 Panini National Treasures)

気が付けば前回のブログ更新から3か月も経ってしまい、その間に平成が終わってしまいました。^^; 相変わらずの更新ペースの遅さですが、令和になってもマイペースで続けていく所存です。(笑)


さて、今回は昨日参加した Rookie Star のトレード会のご報告を。今回も多くの方が参加され、店内が人で埋め尽くされるほどの大盛況でした。また、ツイッターで交流のあるコレクターさんに初めてお会いすることができ、楽しい1日を過ごすことができました。^^


そして、Rookie Star トレード会の恒例イベントといえば「わけわけ会」。今回の対象ブランドは……

 

 

f:id:akiro10:20190505143143j:plain

 

 

今回もやばいヤツきましたよ、2つも。(笑) 通常のわけわけ会は、参加人数分のボックスを開封してパックをすべてシャッフルし、箱保証をなくしてからそれぞれが1箱分のパックを開けるのですが、1箱=1パックのブランドでは下記のような流れとなります。


(1)対象となるブランド1箱を開封し、出たカードに番号をつける。番号カードは裏向きに置かれるので参加者には分からない。
(2)参加者はくじ引きにより自分の番号を決める。
(3)1枚ずつ番号カードを表向きにしていき、出た番号と同じ番号札を持つ参加者がとそのカードをゲットする。
(4)最後に一番の当たりカードとはずれカードが残されるので、最後に残った2人の参加者は天国と地獄となる。(笑)


私は National Treasures のわけわけに1口参加しました。1箱の構成は、ベース(パラレルを含む)1枚、プレート1枚、メモラ4枚、オート4枚の計10枚が基本で、今回はベースとプレートがそれぞれ非パッチのメモラとセットになるルールなので、参加者は1箱につき8人となります。


それでは、私が参加した回の内容を実況風でお届けいたします。まずは1枚目、ベース枠。

 

 

 

f:id:akiro10:20190505143144j:plain

 

 


マイルズ・ブリッジズ。後半のビッグヒットに期待するためにも、序盤は吸われた感のないほどほどの選手に出てほしいところ。ベース枠の1枚目から戦いは始まっています。(笑)

 


続く2枚目は一番下に入っているプレート。

 

 

 

f:id:akiro10:20190505143145j:plain

 

 

 

 

デュラントの 1of1 が出たぞー。(棒読み)

 

 

がっつり吸われた感しかない…… 

 

 

一応 1of1 ではあるのですが、最高級版にこういう形で封入されるようになってから、プレートの価格は暴落してしまいました。プレートを封入すること自体をそろそろ見直すべきだと思うんですけどね……。

 


気を取り直して次へ。ここからメモラが4枚続きます。

 

 

 

f:id:akiro10:20190505143146j:plain

 

 

 

メモラ1枚目はTマック。このデザインのラプターズジャージ、密かに結構好きでした。(笑)

 

 

 

 

f:id:akiro10:20190505143147j:plain

 

 

 

 

ヤニス。順調に吸われています。(苦笑)

 

 

 

 

f:id:akiro10:20190505143148j:plain

 

 

 

エリー・オコボ。 

 

 

 

f:id:akiro10:20190505143149j:plain

 

 

 

……からの再オコボ。(笑) このブランドでこんなネタ仕込んでくる Panini が怖い。 (;゚Д゚)

 

 

 

ここでメモラ枠終了。パッチなしですが、中途半端に出るよりもビッグヒットに期待できると自分に言い聞かせる参加者たち。(笑)

 

 

 

残るは4枚。ここからが真の勝負、オート枠! オート1枚目は……

 

 

 

f:id:akiro10:20190505143150j:plain

 

 

 

いや、ここは逆にトリプルオコボで良かったんじゃ。(笑) アリゾナ行きの荷物が間違って日本に出荷された感。 (;´_ゝ`)

 

 

 

f:id:akiro10:20190505143151j:plain

 

 

 

マッシュバーン。うーん、ヒートユニだったら欲しいところですが……。そういえば何年か前の国宝のわけわけでもマッシュバーン引いたことがあるな……。

 

 

 

f:id:akiro10:20190505143152j:plain

 

 

 

ローランド・ブラックマン。……参加者たち(私含む)瀕死! (((( ;゚Д゚))) 一応言っておきますが、凄いキャリア成績を残している選手です。マブス永久欠番だし。

 

 


ラスト1枚。ここまで凶悪な流れで来ていますが、これは最後にほんとにでかいとこ来るんじゃない? いや、来ないとヤバいでしょ、この箱。ドンチッチかヤングかロゴマンか……いや、ひょっとしてワタナビーって流れかも? なんか期待できる気がしてきたぞ! 店長、最後の1枚お願いします!

 

 

 

 

ドーーン!!

 

 

 

 

f:id:akiro10:20190505143153j:plain

 

 

 


うーん…… (;´_ゝ`)

 

 

 

最後にエグいパッチが来たけど……ルーキーというのもよかったけど……横型の方というのが惜しい。せめて縦型だったら……。ロニー・ウォーカーはまだNBAでは結果を残せていませんが、長い目で見て今後の成長を期待したい選手です。

 

 

 

(´-`).。oO( この箱を10万円近い値段で買っていたらと思うと恐ろしい……買えないけど……

 

 

 

さて、10枚のカードが出揃い、いよいよ抽選です。生還の道は既にほぼないですが(笑)、とにもかくにも抽選です。

 

 

 

f:id:akiro10:20190505143154j:plain

 

 

 

くじ引きで引いた番号は……

 

 

 

f:id:akiro10:20190505143155j:plain

 

 

 

キース・アスキンスの2番! ウェイン・エリントンの2番!

 

 

 

 

そして引き当てた1枚はッ……

 

 

 

 

f:id:akiro10:20190505143138j:plain

 

 

 

 

ゴゴゴゴゴゴ……

 

 

 

 

f:id:akiro10:20190505143139j:plain

 

 

 

 

ゴゴゴゴゴゴ……

 

 

 

 

f:id:akiro10:20190505143140j:plain

 

 

 

 

ゴゴゴゴゴゴ……

 

 

 

 

f:id:akiro10:20190505143141j:plain

 

 

 

 

バァァァーーーーーーーンッ!!!

 

 

 

 

f:id:akiro10:20190505143142j:plain

 

 

 

スタンド名:キング・オブ・キングス

本体:ジョージ・キング

スタンド能力:引き当てた相手を硬直させる能力。何かの間違いでエイトンではないかと何度見直してもキングはキングであり、キングでしかない。通算0得点1リバウンドのキャリアスタッツを誇る。

 

 

 

 

⊂⌒~⊃。Д。)⊃   (゚┏д┓゚ ) 。oO( アリーヴェ デルチ……

I got a reply from Tim Hardaway !

先日、何気なくツイッターを眺めていたらティム親父のツイッターアカウントを発見しました。昨年9月にアカウントを開設していたようです。それほど頻繁にツイートしているわけでもなく、フォロワー数も700人程度と少なめでしたが、これはひょっとすると返事を貰える可能性があるかもと思いメッセージを送ってみたところ……

 

 f:id:akiro10:20190126133057j:plain

 

 
ほんとに返事が来た!!! (゚∀゚)

 

  

朝起きてスマホを確認したときは心拍数が上がりました。^^; 短いメッセージですが、ファンとしてこれほど嬉しいことはありません。感無量です。単に応援メッセージを送るだけでは返信を貰える可能性は低いと思い、伝家の宝刀・すみこさん作の応援ボードの画像を送るという作戦で行ったのが見事に当たりました。(笑)

 

 

f:id:akiro10:20190121205220j:plain

 


すみこさんには、現地観戦に行く際に無理をお願いしてたくさんの応援ボードを作っていただきました。そのクオリティの高さはご覧のとおり。そのおかげで多くの選手と言葉を交わすことができました。今回はそのうちの何枚かをご紹介します。いずれも本人のサイン入りです。

 

 

f:id:akiro10:20190125011255j:plain

 

 

私の人生で最大の思い出の品と言ってもいいユドニスボード。サインを貰っただけでなく、一緒に写真を撮ることもできました。(詳しくは観戦記をご覧ください。)2004年のことです。当時、ユドニスはルーキー、私は大学を卒業した直後でした。その15年後の今もユドニスがヒートでプレイしていること、そして恐らく今季が彼のキャリア最後のシーズンになるであろうことを思うと、感慨深いものがあります。

 

 

f:id:akiro10:20190125011254j:plain

 

 

ヒート史上唯一の高卒ドラフト指名選手、ドレル・ライト。高いポテンシャルを秘めながらも大成はできなかったというキャリアでしたが、ヒートを去った後もずっと応援していた選手でした。現ラプターズのデロン・ライトは彼の弟です。

 

 

f:id:akiro10:20190125011253j:plain

 

 

こちらはサンズファンの妻のために作ってもらったボリス・ディアウ。試合前にボードを掲げて声をかけたら、快くサインをしてくれました。ライトとディアウのサインは、いずれも新婚旅行で観戦したサンズ対ヒート戦(@フェニックス)の際に貰ったものです。

 
こうやって振り返ってみると、たくさんのNBA選手と交流できたことを懐かしく思います。そして、それはすべてすみこさんに描いていただいた応援ボードのおかげです。すみこさん、たくさんの素晴らしいボードをありがとうございました!

 

↓↓ すみこさんのブログはこちら ↓↓

https://ameblo.jp/sumiko-playground/

ブログ移転のお知らせ

旧ブログのサービス終了に伴い、ブログを移転しました。旧ブログは2007年以来12年間使い続けてきたので、仕様が変わって見た目も操作もまだ慣れない感じです。^^; これからもマイペースで更新していく予定ですので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。^^

2018年を振り返る

今回は昨年末にアップできなかった2018年の振り返りを書いておこうと思います。


昨年のブログ更新回数は26回と、一昨年の15回から少しアップしました。そのうちボックス開封報告が10回。カードコレクターとしては多くはない数字ですが、私にとっては久々にボックスをたくさん開けた1年だったという印象です。また、トレードでも貴重なマイコレをお譲りいただくことができました。そこで、今回は昨年入手したカードを部門別の形で振り返ってみようと思います。



【 Pull of the Year 】



17-18 Panini Noir Autographed Prime Rookies Black and White (/99) Donovan Mitchell


2018年に引き当てたベストカードはこちら! トレード会のわけわけ会でゲットしたものなので、厳密にはボックスを開封したわけではありませんが、まぁそこは良しとさせてください。(笑) 引いた時点ではレデンプションでしたが、無事返ってきました。^^ 久しぶりに引き当てたビッグヒットということで思い出に残る1枚となりそうです。そして今年こそ、ティムオートを自引きして年末に「Pull of the Year」として紹介したいものです。このコメント、言い続けてもう何年になるか分かりませんが。(笑)



【 New Addition of the Year 】



12-13 Panini Brilliance / Above and Beyond Tim Hardaway


2018年に入手したティムの未所有新着カードの中から選ぶ1枚はこちら。一見するとベースカードにしか見えないこのカードは、6年間探し続けていたリテイル限定の激レアパラレルです。いつもお世話になっている minacchiさんから「いいものを入手したから送るね」と言われて届いた封筒を開けたときの衝撃は筆舌に尽くしがたいものでした。(笑) いや、大袈裟ではなくほんとに。(笑) 感謝!



【 Trade of the Year 】


 
17-18 Panini Flawless / Flawless Autographs Gold (/10) Tim Hardaway
17-18 Panini Encased / Rookie Scripted Signatures (/99) Dennis Smith Jr.


2018年に成立したトレードの中から選んだベストトレードがこちら。初のトレードとなったkzさんから、ツイッター経由でオファーをいただきました。ティムの未所有10シリオートに加えて、デニス・スミス・ジュニアのRCオートもお譲りいただきました。kzさん、貴重なトレードをありがとうございました! また、1年間を通じて大小様々なトレードが成立しました。トレードしてくださったすべての方に、改めて御礼申し上げます。



【 Heat Card of the Year 】



17-18 Panini Prestige / Bonus Shots Signatures Crystal Gold (/10) Josh Richardson


自引きしたヒートのベストカードはこの1枚です。シーズン開幕前にはジミー・バトラーとのトレード話が浮上し放出寸前のところまでいったリチャードソンですが、トレードは不成立に終わり、今季は平均18.5点、3.9リバウンド、3.7アシスト(1月5日現在)とチームのエースと呼ぶに相応しい活躍を見せています。今後のヒートを支える選手として更なる成長を見せてくれることでしょう。



2018年に開封したボックスを振り返ってみると、


17-18 Panini Revolution
16-17 Panini Spectra ×2箱
16-17 Panini Grand Reserve ×2箱
16-17 Panini Preferred
17-18 Panini Prestige
17-18 Panini Totally Certified
15-16 Panini Replay
18-19 Panini Prizm Fast Break
わけわけ会参加 1回(17-18 Panini Noir


発売当初と比べて値下がりしたボックスを意識的に購入することが多かったですね。Totally Certified と Noir 以外はティムのオートがラインアップされていましたが、引けず。^^; 今年も同じペースで開封できるかどうかは分かりませんが、ティムオート自引きを目指して無理のない範囲で開けていければと思います。^^

明けましておめでとうございます


新年明けましておめでとうございます。


今日から仕事始めなので、妻と子供達を帰省先に残して1人で先に大阪に帰ってきたのですが、初日からインフルエンザでダウンしてしまいました。 _| ̄|○


日曜の夜まで家に1人……辛い。 つД`)


皆さんも体調管理にはくれぐれもご注意ください。^^;


個人的には幸先の悪いスタートとなってしまいましたが、2019年が皆さんにとって幸多い1年でありますように。本年もどうぞよろしくお願いいたします。^^

2018年開け納め 18-19 Panini Prizm Fast Break ボックス開封


例年になくボックスをたくさん開けた2018年。その締めくくりとなる今年最後のボックス開封報告です。トレード会でのわけわけ会参加を見送って、開封報告用に持ち帰ったボックスがこちら。





18-19 Panini Prizm Fast Break です。Fast Break版限定のオートにティムがラインアップされているので、今回もティムオート初自引きを夢見て。Prizm を開ける人の多くは RC Prizm 狙いかと思いますが、メインの狙いはあくまでオートです。(笑)





ベースカードはおなじみのデザイン。個人的にはちょっとマンネリ感が強くなってきたと感じています。そろそろ大胆なデザイン変更をしてみても面白いと思うのですが。



  
  



RC の主だったところ。全部で10枚ほど出ましたが、上位ルーキーは少な目の結果に……。渡邊も引けなかったのは残念。


続いてはPrizm系。Fast Break版限定のつぶつぶデザインです。まずは通常のベースパラレル。



  
  




ルーキーなし……。ヒートもなし……。うん、まぁでも狙いはあくまでオートですから。(笑) アマレはもう引退選手枠でラインアップされてますね。そのうちヒートユニのオート出ないかな。



  
  



インサートはまずまずのメンツが出ました。Viceジャージ姿のウェイドがナイス。バグリーは RC の方が光ってほしかった。(笑)



次に色付き Prizm。シリアルの少ないものから順番に。まずは175シリの青。







うおぅ! (;゚Д゚)




下手な RC よりはるかにいいものが登場! 175シリなのでさほど高値はつかないでしょうが、これは嬉しい。^^ この流れでどんどん行きましょう。続いては125シリの赤。




 




RC が2枚も出たよ! 出た! 出たけど! 次へ行きましょうか! とりあえず2人とも頑張って!



次は紫、75シリ。







ロンゾ・ボール。悪くないですね。1年前のが光ってくれてたら、というのはのはあるけど。(笑) レイカーズ2枚目。これはレイカーズボックスの流れ、ある?? (゚∀゚)



色付き最後の1枚はピンク、50シリ。なかなか少シリは出ませんね。







ヘゾニア。ニックスに移籍し、シーズン序盤は飛躍の年になるかという予感もあったのですが、最近は微妙な雰囲気に。今後の奮起に期待しましょう。



さて、最後にメインのオート! 今年ラストの1枚です! いざ逝かん!














おいこれホントにまたレイカーゴールド来たんちゃうの!? (゚∀゚)










キタコレ! \(゚∀゚)/






ん? (゚∀゚)
















( ゚д゚)






( ゚д゚)






(σ゚д゚)σ ゲッツ











現役の元レイカーズは想定外でした…





アイザイア・トーマス、まさかの2箱連続登場。^^; まぁ、トーマスならそんなに悪い引きってわけでもないんですけどね。連続で出なくても。(笑) そして今年もティムオート自引きは達成できませんでした。 (つД`)



以上、今年最後のボックス開封でした。今年開封したボックスは計10箱。ここ数年は箱明けの頻度がめっきり減っていたことを思うと、1年で10箱という数字は私にとってはかなり多い数字です。今年はティムのカードのラインアップがあまり多くなく、シングル買いに使うお金をボックス購入に回せたというのもありますが、ブログに掲載した開封報告に対するご感想をいただく機会が増え、それがボックス開封のモチベーションに繋がったというのが大きかったと思います。引きはあまり良くありませんでした(笑)が、読んでいただいた皆さんに楽しんでいただけたなら嬉しいです。^^ 来年も同じ頻度でボックスを開けられるかどうかは分かりませんが、またお暇なときにでもブログを読みにきていただければ幸甚です。


2018年は皆さんにとってどんな1年だったでしょうか。まもなくやってくる2019年が、皆さんにとって幸多き1年でありますように。それでは、良いお年をお迎えください。^^